自分で剃ることのできないデリケートゾーン

腕や脚などの広い部分はT字のカミソリを使って自分で剃っていますが、手の指などの狭い部位や肘まわりなどのくぼんでいてT字カミソリだと危険な部位は、眉そり用の小さなカミソリで剃るようにしています。

昔は毛抜きで地道に抜いていたのですが、時間がかかる上に抜いたあと毛穴が赤く炎症を起こすことがあったので止めました。敏感肌でカミソリ負けが心配なので、手の指も肘まわりもボディソープではなくて必ず脱毛専用のシェービングフォームを塗ってからカミソリをあてるようにしています。肌に負担がかかるので、決して逆剃りはせず毛の流れを確認してから剃ります。

肘まわりは皮膚が薄くてくぼんでおり、慎重に剃らないと誤ってカミソリの刃で切ってしまうことがあるので、肘を折り曲げて鏡でムダ毛の場所を確認しながら剃るようにしています。剃り終ったら丁寧にシェービングフォームを洗い流し、コットンに化粧水をたっぷり含ませてパッティングをします。

逆剃りをしない、剃ったあとにしっかり保湿をする、この2点をしっかり守ることでトラブルなく自己処理が出来ています。
ただ、難点なのはVIOとか見ずらいところが自分で剃りにくいことです。
結婚した友人が堺市で介護脱毛までしたので、全身ツルツルになっています。これを見てしまうと私の自己処理派大変なので、近いうちにサロンに行くことを考えたいと思ってます。