ムダ毛があってはならないと思った瞬間

小学6年生の頃、同級生の脇に見た事もない毛が生えてるのを見た瞬間に「これは見られたら恥ずかしい毛なんだ」と思いました。しかもそれは少ない量ではなく、脇が真っ黒に見えるほどの量の毛が生えていてたのに恐怖を覚える程でした。その時に、女性にこんなものあってはいけないと思いはじめたのです。
とはいえ実際に、ムダ毛が生えるのは遅く処理を始めたのは中学2年生になってからです。
初めて行った処理は、父の髭剃りをコッソリ拝借して行ったのを覚えてます。
脇毛が、うっすら生えた時に両親に言えなかったのも覚えています。女性用のを買ってなどと、恥ずかしくて言えずに…父のカミソリをしまってある場所を分かっていたので、父が普段髭を剃るように腕や足の毛を剃ったのを覚えています。何も分からずに、挑戦した気がします。手軽に使えたのはデリーモ スプレーでした。イヤなにおいもしないので今でも愛用しています。
更に大人になると今度は下のムダ毛が気になりだし。。今現在、脱毛サロンに興味はあります。
毎日のように行うムダ毛処理がなくなるのは、非常に憧れます。剃刀負けの心配もなくなりますし。
ただ、実際には行っていないのが実情です。
脱毛サロンやクリニックに行ってみたいですが、高額なプランを設定されてしまうんでは?うまく会話に乗せられてしまうんではないか?と恐怖が出てきてしまい、チャレンジする勇気がないです。
実際に予約が取り辛いとの話をよく耳にします。
ズボラな性格なので、こまめに通うというのも億劫になってしまう要因ですね。