家庭用脱毛器のトリアと脱毛サロンの大手のミュゼを比較してみた

家庭用脱毛器のトリアと、脱毛サロンの大手のミュゼを比較してみました。

「トリア」は有名ではありませんが、日本に上陸して10年という歴史のある脱毛器。ホームユーザーを対象としていながら、手軽に安全にレーザー脱毛ができるよう開発された製品です。

医師免許のない人がレーザー脱毛を行うことは医師法に違反するため、エステサロンや脱毛サロンではレーザー以外の方法で施術を提供してきていました。クリニック限定だったレーザー脱毛が家にいながらにしてできるのは、すばらしいですね。これがレーザー脱毛器なの?と思うようなコンパクトな大きさで、充電池以外に特別な維持費用も不要です。

ELLEのジーニアス・アワードを受賞したこの商品は、購入者全体の90%がトリアの効果には満足しているそうです。

2年間という品質保証期間があるうえ、もし満足できなかった場合は30日以内であれば返品することも可能です。
サロンでの脱毛といえば光脱毛が一般的です。

施術部位に脱毛を促す光を照射して作用させるので、自己処理のようなダメージがないのも人気のひとつではないでしょうか。施術を受ける前にまず施術する部分のムダ毛を自分で剃って、処理しておかなければなりません。

ミュゼプラチナムは大変お得なキャンペーンを企画していることが多いですから、ネットなどでご覧になったこともあるのではないでしょうね。丁寧で満足な施術を受けられるコースや複数のコースをセットにしたリーズナブルなコース、自由に施術するところ、回数が選べるコースがあるのです。臨時雇用のスタッフはゼロということもあり、満足度とお支払いいただける金額がダントツトップで独走中なのです。
http://www.chambres-hotes-ledit.com/
きれいにといってもプロの仕上がりを目指す必要はなく、普通に剃る程度で構いません。実はこの自己処理は、光脱毛の下準備としてとても大事なことなんです。ムダ毛が残ったままだとライトが必要な部分に必要なだけ当たらず、効果的な施術を提供することができないのを理由に断られることもありますし、あるいはあらためて光脱毛の仕組みや事前準備などを説明してくれるでしょう。それでもその日施術が受けられないのは、もったいないことですね。
さきほど、下処理として剃ると書きましたが、それ以外の方法(抜く、脱色する)はNGです。光脱毛は毛根の黒い部分に作用して脱毛を促すので、毛根の黒い部分が残っていないと効果が得られないというわけです。

「溶かす」か「剃る」かどちらかの方法で処理するようにしましょう。

脱毛サロンは、初めてご来店の際にお得なキャンペーンを実施している所が多いので、そういったものを使うと、得して脱毛を受けることができます。

とりあえず、初回キャンペーンを使ってみたところで、感じが良いと思えば引き続きそのサロンに通うのもいいでしょう。ただ、より得したい場合は、部分ごとに他の脱毛サロンに通うのも良い方法です。脱毛サロンを選ぶ時は、脱毛費用の無駄を省くためにもお支払い金額を見比べてください。脱毛サロンごとに大きく料金が違うので、お財布に優しいところを見つけましょう。利用する時には、お得なキャンペーンも絶対にチェックしてください。ただ、値段の面だけで選んでしまうと仕上がりにご納得いただけない可能性もあるので、脱毛効果の方も重視しましょう。施術を受ける毎に支払いをする、都度払いが可能な脱毛サロンも出てきました。事前の入金などはしなくていいし、ローンを組まなくてもよいメリットがありますし、サロンの利用が続けられなくなればお金のことを考えずにやめることができて便利な支払い方法です。
しかしながら都度払いについては割高料金になるのが普通です。全体的な脱毛費用を抑えたいとするなら都度払いは避けた方が無難でしょう。

大半のケースでは、脱毛の回数が無制限としているコースを設けている場合は、期限も設けられていないでしょう。これにより、脱毛が完了していてもムダ毛がまた生えた時にも改めて脱毛することができます。また、ハードスケジュールが多く、施術を受ける時間が取りにくい方にはとても便利だと言えます。普通に脱毛部位が決まっているコースと比べれば、かなり高く思えるでしょうが、総合的に考えたときにお得になっていることもあります。イメージとして、医療脱毛は高価だと思われていますが、そうではなく、近年では価格も非常に下がってきている、という状況で、以前と比べると、気軽に受けることができるのです。

安くなったという現状はあるものの、脱毛サロンやエステに通うことと比較してみると、高いと思ってしまうことが多い、というのが現実かもしれません。それから、提示された価格がかなり安くなっているようなところは施術スタッフのレベルが技術的に低いこともあるでしょう。