光脱毛に向かない部位

脱毛サロンで主流の光脱毛方式は、お肌に優しく痛みの少ない画期的な脱毛方法として人気です。
ただ、毛根にフラッシュ光を照射するという原理の性質上、脱毛に向かない部位も存在します。
たとえば、頭部に近いうなじの脱毛はその代表例です。
うなじの脱毛を光脱毛で行うときには、施術回数が18回以上になることを覚悟して受けましょう。
うなじは産毛がほとんどなく、頭部に近い箇所ですから、光脱毛では多くの場合、キレイに処理することができないでしょう。
ただ、人によっては、6回の施術で満足した方もいるので、個人差があります。
パーフェクトにすべすべにしたいのであれば、電気脱毛を利用した方がよいかもしれません。
C3シースリーという脱毛サロンは、全身脱毛を月額7,000円で提供していることで人気です。
うなじの脱毛についても、出来るかどうか相談してみると良いでしょう。
名古屋周辺にも進出したC3シースリーの脱毛は名古屋栄で受けることができますよ。